忍者ブログ
1  2  3 

最近スピーカーの聴き比べをしています。
ターゲットはPCスピーカーやパワードスピーカーと呼ばれるアンプ内蔵型でPCに差せば即鳴るタイプのものであまり高くないもの。
もともとBOSEのCOMPANION2のシリーズIIを10年近く使っていました。



高校生の時に行っていたCDショップの店内スピーカーがBOSEだったのもあり比較的BOSE信仰が強く、BOSE買っときゃ間違いないだろという感じでした。
それでコンパニオン2を買ってそのままずっと使っていたのですが先日新しいシリーズIIIと並べて聴く機会があり、突然スピーカー熱が上がったという状態です。

シリーズIIIを買うのはあまり変化がないのでいっそ上のグレードのCOMPANION 20を買おうかとか考えているうちに他のメーカーのPCスピーカーを試したくなった訳です。

まず評判の良かったJBLのPEBBLESが安かったので購入。
 


過去のBOSEのモデルであるM2(Computer MusicMonitor)も絶版にも関わらず評価がとても高いのでなんとか入手。すっごく小さい、コンパニオン2と比べると体積では4分の1かそれ以下くらいの印象。で確かにこんなに小さいのに低音が良く出る。



さらにYAMAHAのNX-50もゲット。生産が終了し在庫がなくなれば新品は市場からなくなるモデルです。これもレビューが良いスピーカーです。比較的低音が良く出て音に立体感が感じられる。



そしてONKYOも聴かねばという事でGX-70を入手。GX-70はエントリーモデルですがこれは良いです。



さらに最近売れていると評判のEDIFIERを入手。これは格好良かったのとある程度評価も高くてさらにたまたまセールだったから。



雑な分類では全部同じ種類ですが大きさがちょっと違うので一緒にはできない感じ。
小さいスピーカーはディスプレイの両脇に置いて近くで鳴らしたほうが良く、箱型のタイプは少し離してもOKという感じ。

AMAZONでスイッチングの機械を買って同じパソコンで同じ曲を流した状態でカチカチと切り替えしながら聴き比べ。瞬時に切り替えると音マニアでなくても違いが感じられてしまう。



まずONKYOのが素晴らしいです。自然な音で臨場感もありジャンルを問わず良い。エントリーモデルでこれなら最上位モデルはどれだけすごいのかと思ってGX-500を調べるとやはり音に関しての評価は高く中古でも値崩れしていない。でも背面が熱々になるというレビューが複数あって微妙。

JBLはなるほど評判通り高音が良く出る。でもダブステップのような重低音系の音楽を聴いても気持ちいい。音楽の種類によっては薄っぺらい感じがしますからジャンルを選ぶので万能ではないですがはまれば気持ちいいのでラインナップの1つとしてありです。

M2はサイズの割に低音が良く出ますがクリアな音を聴いた後だとちょっとこもりが感じられます。でもディスプレイの脇でなく手前にさえ置けるこの小ささはすごい。

YAMAHA NX-50はディスプレイの脇に置いて重低音系の音楽を聴くのには良いです。
いろいろなジャンルを試して感じるのは、音が立体的に聞こえるような加工を若干してるのかなという感じですね。ぺらっとした音にならないようにできるだけ奥行きが出るように工夫しているという印象。

EDIFIER R1100は初日はこもりがひどくて失敗したと思いましたがみるみる良くなり現在はとても良いです。

結局パッシブスピーカーのタンノイも入手。
これも最初あまり臨場感がなくおかしいなと思いましたがセッティングをいろいろ試して現在は素晴らしいです。

現在のレギュラーメンバーは
TANNOY, ONKYO, EDIFIER, JBLです。

低音はそれほど出ないけど高音に透明感があるタンノイ、協奏曲やオルガンなどの響きが素晴らしい。クラシックに合うと言われるのは納得、木の雰囲気も良い。
 
バランスが良く万能選手のオンキョー。上のグレードはきっともっと良いのでしょう。

音の広がりがあって低音も良く出るEDIFIER。
ダブステップも聴くのでそういうときはこれ。
見た目も良い、スピーカーはルックスも大事。

お手元スピーカーとしてJBL。大きいのと比べるのは酷ですがコスパ良い。

結局最後はパッシブのブックシェルフスピーカーにいってしまったのでパッシブのヤマハやDENON、ケンウッドあたりの手頃なモデルや、あと DALIも気になっていたのですが きりがないのと置き場がないのでひとまずはこれでやめときます。

PR

国立新美術館で開催の
カルティエ、時の結晶展に行ってきました。
開催は今日までなのでギリギリでした。

 
駅からだと割と普通の通路です。

ここ数十年の作品を集めた展覧会なので
アンティーク品はありませんが
腕時計はクラシカルなデザインが多かったです。
客層はやっぱり女性が多いですね。

この展覧会は最後のエリアが撮影OKなので
写真を撮りまくってきました。
このエリアに時計はなくジュエリーの展示です。
中でも一番すごかったのがダイヤのティアラ。

写真にするとキラキラが8割減という感じ。
実物はすごいです。

他にも

鳥のモチーフとか


蛇のモチーフとか

あとダイヤだけでなくトルコ石や翡翠
アメジスト、オパール、サファイア
ルビー、エメラルド、シェル素材など
様々な組み合わせのジュエリーがありました。
ボルダーオパールの模様を
そのまま活かしたようなのもありました。
ボルダーオパールは手頃に入手できるものも
ありますし 同じものは2つとないので
1点もののジュエリーとしてはありですね。

先日水族館に行ってきました
でもなぜか鳥が・・・

ぬいぐるみがぷかぷか浮いてるみたいでしたが
他の子たちは全然寄ってこないのにこの子だけ
ずっとこっちを見ながらぷかぷか
みんな立ち止まってました



外に出てすぐ近くの砂浜

空がすごい
劇団四季のライオンキングを観ました。



合唱に包まれる感じがよかったです。
その2日後に映画のライオンキングにも行き
劇中歌の歌詞がそこそこ違うんだなと思ったり
今年の夏は演劇と映画の夏になってます。

で今日は新感線の五右衛門ロックのDVD。
近いうちに髑髏城かな。

映画は天気の子がまだです。
最近そこそこ映画館で映画を見ています。
近所の映画館にはなぜか歴代のジブリ作品が



今回はアラジンを息子と見ました。
実はあまり乗り気じゃなかったのですが
見たらすごくよかった・・・

月に1回くらいは映画館で映画が見たい
次は何を見ようか、話題の天気の子でしょうか
ひとまず完成しました。


反対側


直後は「色うすっ!」と思いましたが
慣れてきたら色は感じます。

下が白い綿のルースケースでは
結構しっかりとした色に見えたのに
金属に留めると薄くなりますね。
光沢仕上げじゃなくて艶消しにして
金属部分を白っぽくしたほうが
まだ色味が感じられると思います。

爪の配置を後から変更したため
ちょっとごちゃごちゃしたのが反省点です。
あとはこの石使わなくてもよかったなとか
こうしておけばよかったというのがあるので
おそらくそのうちほぼ同じ構成で
リング部分を作り直したくなるような気がします。
というかなるでしょう。

結局きりがない。



 
指輪に石を留めるための爪を付けます。
まずは長めに付けていきます。
 

爪として必要な長さに揃えて
内側を平らに削って石留めの準備です。
 

あとは石留め、続く。
久々に美術館に行ってきました
今回は日本の絵師達の展覧会です
その名も奇想の系譜展
 
1700年代から1800年代にかけての作品で
おそらく想像で描いたと思われる象や虎

あとは不思議系や不気味系や面白系など
単に綺麗な絵だけではなく
ちょっと変わった絵が多く展示されてました
館内はもちろん撮影できませんが
有名な絵師が多かったので
画像はネットでもたくさん紹介されています

曾我蕭白の鬼とか


歌川国芳の有名な骸骨の絵とかですね
 
最終日にぎりぎり行けてよかった



その後博物館で恐竜の企画展を見ました
すごく近くで見られるティラノ


正面からだと超細い(笑)
鋳造からあがってきました。
 

現状では石の入る部分に
穴が開いているだけの状態ですが
表面を仕上げて石留め用の爪を立てます。
プラチナの加工は初めてやりましたが
印象としては思っていたよりも柔らかい。
なんなら18金より柔らかいかも。
やっと原型製作です。
ろうで原型を作って鋳造屋さんに出します。


石はサイズが小さくても色が薄くてもいいので
茶系じゃない石がよかったので
結局いらないのを売却して一部買い換えました。
結果サイズは相当小さくなりましたが
どうせなら綺麗な色合いがいいのでOKです。
茶系で作ると多分すぐに別のにしたくなるし。

少し遅くなりましたが
あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いします。

さて年末年始は色石の指輪がなんとなく
欲しくなりネットを徘徊していたのですが
見ているうちにカラーダイヤの指輪が
気になるように。

そういえば10年以上前に買ったルースで
色も地味でバラバラで指輪にしようとは
全く思っていなかったダイヤがあったのを
思い出して引っぱり出してきました。

確かに色はまあ地味なんですが
鮮やかな天然色ダイヤなんかめちゃ高いので
一般人は地味か薄い色のしか買えません。
でも手持ちと同じような色合いのダイヤを使った
マルチカラーダイヤモンドリングの作品を見て
これありじゃないかと思った訳です。

そこで使わない指輪からいくつか石を外して
昔の石を足して指輪を作ろうと思いました。
なんとか7石確保。これならかかるのは地金代だけ。

もう手持ちのダイヤの使いまわしでいくので
新しいダイヤを買う事はないのかも。
地金も使わなくなった指輪を売ってあてるので
完全にセルフリサイクルです。
まあ作る過程が楽しいので飽きたら作り直しで
ほとんどお金もかからないからいいや。

こちらがその7石。
 

中央の四角は前回作った指輪から外しました。
飽きるの早っという感じですが
ヘッドが厚くなってしまって使いにくかった。
あとまともな石が中央にないとサマにならない。
中央がライトイエロー、その右がライトピンク
あとは何色というのか分かりませんが
まあ多くは分類上はブラウン系なのですが
やっぱり並べるとややグリーンぽかったり
ややピンクっぽかったりと色味が違う。
以前はこのばらつきはだめと思ってたのですが
これらを一緒に使っていいんだというのが
今回プロが作った作品を見ての発見で、
そう思うとバラバラなのがむしろ面白い
と思えるから不思議です。

近いうちにいらない指輪の地金を売りに行き
ついでに鑑定鑑別の会社に石を持ち込んで
正式にはなんていう名前の色なのかを
見てもらおうかと思っています。

合羽橋に行ってきました
イメージでは浅草の仲見世通りのように
ずらっと専門店が並んでると思ってたのですが
街の中にお店が点在してる感じなのですね

食品サンプルの店に行こうとなり
何店か回りましたが素材や技術が違うので
同じ食べ物でも違うのですそれぞれの特徴や
うちはここにこだわってる、など違いがあります

 

最近は外国人観光客が
よくお土産に買っていくそうですが

食品サンプルという文化がない国の人は
やっぱりびっくりするんでしょうね

 

レストランが購入していくようなものもありますが
(もちろん特注で自分の店の料理を
展示用サンプルとして作ってもらう事も可能)

さすがにプロ向けは結構高いです
家族でショッピングモールに出かけたところ
トヨタ2000GTが展示してありました。



やはり昔の車は小さめですね、そして細い
アメ車は昔のほうがでかいくらいですが
日本車とヨーロッパ車は小さかったですね

向うに見えるのはヨタハチ君です
これはもっと小さい

2000GTは今いくらくらいするのでしょうか
以前1億くらいの値がついて
ニュースになった事があったと思いますが
程度により数千万よりという感じでしょうか

20代のオーナーが運転する2000GTに
倒れた街路樹が直撃して大破したのも
衝撃的なニュースでした
先日ピアノの修理工房見学に行ってきました
社会科見学みたいな感じです




中身を取り出して必要に応じた修理をほどこします
弦や鍵盤はもちろん外装の欠けなど
見た目もピカピカになります

 


通常はまず見る機会のない
弦が全て外された状態のグランドピアノ




中身に関してもそこまでするのかというくらいに
ばっちり仕上げますので何十年も経ったピアノも
ここに出したら安心ですね


少し前に終わってしまいましたが
ミラクルエッシャー展に行ってきました。
 

人気の企画展のため行列がすごくて
外で暑い中1時間近く並び入るまでが大変
入ってからも前半は見るのが大変でした。
行列の最後のほうにはエッシャーの絵と
その絵に描かれているのと同じような球が。


エッシャーの絵が約150点ほど集められており
だまし絵で有名な画家ですが意外にも
いろんなところに旅行に行った時の
風景の版画やリトグラフが多かったですね。

もちろん各種の不思議な絵も多くあり
見た事のあるものから初めてのものまで
楽しめました。

その後は上野動物園に行ったのですが
今度はパンダを見たい人の異常な行列があり
それはスルーしてのんびり見学です。
前回たまたまパンダの赤ちゃんがいた時は
誰も外に出てるのを知らなかったのか
人が全くいませんでしたが
(パンダって人気ないのかってくらい)
あれは相当ラッキーだったのだと
この日に気付きました。

やっぱり暑かったからか
この日は結構奥に入ってる動物も多い。
最近たまにテレビでも取り上げられる
ハシビロコウがおりました。

紫陽花が咲きました、花の色は土壌の酸性やアルカリ性によると聞いた事があるので同じ所に植えたら皆同じ色になってしまうのではないかと思いましたが株によってそれぞれの色で咲いてくれてます


近所の家具屋さんのイベントで
昆虫標本の展示を見てきました。



珍しい、というか日本にはいないものも含め
かなり見ごたえのある展示です。



じっくり見たらかなり時間がかかるくらいに
ずらっとケースが展示されています。
どれも状態が抜群、標本の出来も素晴らしい。



そしてなぜか同じ空間にポルシェの356が。
(後ろには昆虫の展示がずらり)
昔手頃な出物があって一瞬心が揺れましたが
最近はいろいろな車種が値上がりしてしまって
買うという対象ではなくなりつつあります。
先日大凧の制作風景を見学してきました。

現場は撮影禁止ではなかったかもしれませんが
周りで撮ってる人もいなかったので遠慮。
写真は見学告知の記事に載ってた写真で
見に行った時はまだ黒い字の部分だけでしたが



体育館いっぱいほどの巨大な凧なのに
紙が意外と薄い(新聞がうっすら透ける)事と
割と小さな紙(普通のサイズの紙)を
無数に貼り合わせているのが驚いた部分です。
もっと厚くて大きな和紙かと思ってました。
こりゃ貼るだけで気が遠くなりそう。

ゴールデンウィークに上がるそうなので
できれば見に行きたいですが
めちゃくちゃ混みそうだな・・・
久々の大雪でした、ずいぶん前からチビたちに
雪が降ったらオラフ作ろうと言われていたので
仕方なく、いや・・・喜んで作りました

 

大人になると雪で遊ぶの辛いなー

物心ついて初めての大雪に
チビたちは異常なテンションでしたが

先日続けて工場の見学に行ってきました


まずは醤油工場、製造工程を見せたり
資料館のようなものがあったりという感じです



そしてお菓子工場
これはお菓子のおまけの展示です
工場のラインは撮影できないのです

どちらも勉強になってお土産ももらえます

近所の観音様にお参り
昔から知ってはいたものの
実際行ったらすごく古くて驚きました

実はおできやいぼに効くとの評判で
私の身近ではお参りで全員治ってるので
皮膚科行く前にあそこ行っとけって感じですが
私自身の経験ではないので保証はできません
しかしお礼参りの豆のお供えがいっぱいなので
治った人も多いのかなって感じです

上野の博物館と美術館に行ってきました
なんとこんなところに

渋谷の忠犬ハチ公のはく製が・・・

そして

南極物語で有名なジロのはく製
タロは今どこに??

恐竜のエリアには同じ場所にティラノと


トリケラトプスと


ステゴサウルス
 
というメジャー3恐竜がいて大満足

すぐ近くの美術館では

アルチンボルド展がやっていました
ここまで引き延ばしても粗さが感じられない凄さ
展示されている実物は写真が撮れないですが
実物は幅1m程度なのでものすごく拡大してます

1500年代にこういうスタイルで絵を描いていた
のも驚きですし描写力も素晴らしいです
世界中の美術館から彼の絵を集めて
一挙に展示されていました

後年に彼の影響を受けて同じようなスタイルで
描いた人達がいて一緒に展示されてましたが
アルチンボルドの描写力が非常に優れていた
ため劣化版コピーのように感じてしまうのもあり
逆にアルチンボルドの絵の緻密さが
改めて感じられました
先日博物館に行きました。
リニューアルされた動く恐竜は
以前と同じティラノですが
最近の研究では体に羽毛があったとの事で
それに合わせて古いスタイルから
新しく作り直されたみたいです
(あと古いほうは年数が経って傷んできた)



動きは複雑になって進化していますが
長年羽毛のない姿を見慣れているので
ちょっと違和感がありますね
春になって花が咲きました


可憐な花です
なんの花でしょう






ん?







なんとハエトリソウの花でした
これって花咲くんですね

興味本位で買ってみましたけど
やっぱり食虫植物は独特ですね


期間限定のサトーココノカドー
みさえ ザ・バーゲン2日目
立体駐車場側(裏側)から入店
早速ポスターがあります
 

2日目とはいってもこの日は
クレヨンしんちゃんが1日店長という事で
店内は人でいっぱい
 

正面入り口が封鎖されていて
ガラス内の空間でしんちゃんが何かやっており
それを店の内外からみんなが見ている
 

正面口から出て看板の写真を
撮ろうと思ったのに外に出られない・・・

すぐ脇のガラスにはサトーココノカドーの
ポスターが貼ってあります


隙間から外を見るとたくさんの人と
すごい数の報道陣がいますが
何をやっているのか分からない
(どうやらセレモニーだったようです)
行きたくても正面から出られない・・・

ちなみに向こう側に見える建物は
最近話題の大塚家具です
この建物は実は昔はヨーカドーで
その後現在の場所(すぐ向かい)に
ヨーカドーが移転して、空いた所に
大塚家具が入りました

地下の食品売り場はそれほど混まず
普通の状態でしたがスタッフのはっぴが
サトーココノカドーなのでした
 

1階フロアでは写真コーナーや
子供がぼよんぼよんして遊ぶ所など
クレヨンしんちゃんエリアがありました


帰り際には正面口は開いたものの
人がぞろぞろ入ってくるため出られず
裏から出て回ろうにもあいにくの雨で
結局看板の写真は撮れませんでした
(2面がサトーココノカドー仕様になっている
看板の写真はネットにたくさんあります)

もともとは漫画の中でイトーヨーカドーを
もじってサトーココノカドーとしたのを
しんちゃん25周年コラボでヨーカドーの看板を
本当にサトーココノカドーにするなんて
粋な事をしますね

イトーヨーカドー、グッジョブです
 

プロフィール
HN:
ふるどけいのやかた
HP:
性別:
男性
カテゴリー
最新記事
P R
忍者ブログ [PR]
"ふるどけいのやかた" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY INC.