忍者ブログ
54  53  52  51  50  49  48 
外出自粛の中でもできる事、
こんな時期に家でもできる工作について。

自作スピーカーという世界があるらしい。
という事でスピーカーを自作する事にしました。
(音が鳴る心臓部分は無理)
高音質を求めるというよりは
単に作ってみたかっただけです。

コンセプトとしては口径の大きいユニットで
できるだけ小さなスピーカーを作る。
となると箱型ではなく円筒型になりますね。
開放型のバスレフタイプではなく密閉式にして
ボディ(エンクロージャー)の内部に
吸音材(今回は綿)を入れて作ります。
スピーカーは構造は意外とシンプルなんですが
いい音を出そうと思うと奥が深いんでしょう。
材料、形、大きさなどきりがない。

ユニットはカーステレオ用のケンウッド。
同軸ツーウェイでウーファーの中央にツィーターが付いてる。なかなか格好いい。
ギザギザは取り付け用?
多分ネジ位置の合わせ用ですね。



コーンはカーボン柄ですが材質は樹脂ですね。
このサイズに合う樹脂製の円筒ケースを調達
後ろがすぼまるのはいやなので円筒形のものを
探すと なんとか見つかりました。
あるもんですね。

外装は塗装にしようか貼りこみにしようか迷いましたが ひとまず合皮を貼りました。
色は深めの青緑。



背面は黒のレザーを貼りました。
内部を配線しターミナルを付けて完成。
立てても使えるように脚も付けました。





今は必要なものなんでも手に入る。
ターミナルなんて100円くらい。脚ゴム数百円。
中の綿は熱帯魚の水槽ろ過用の300円くらい。
ケンウッドのユニットだって送料込みで数千円。
これ利益出るのかなー。

で音を出す、ちゃんと出ました。
やっぱりちょっと安い音がするなー。
安いというか軽い音。



カーステレオユニットは足元で鳴らすため
ちゃんと高音が届くように
高音をきつめにしてるらしいです。
それは別にいいけどケースが薄くて軽いので
そういう印象の音がしますね。
市販のスピーカー重いですもんね。
重厚に作るって多分大事なんでしょう。
この円筒ケースも壁厚が10mmあってずしっと
重い素材だったら印象違うと思います。
多分もっと音が締まるかな。

PR
プロフィール
HN:
ふるどけいのやかた
HP:
性別:
男性
カテゴリー
最新記事
P R
忍者ブログ [PR]
"ふるどけいのやかた" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY INC.